1. HOME
  2. 学部・学科情報
  3. 医療技術学部 臨床検査学科

大学ならではの高度な環境で、
これからの時代の臨床検査技師へ。

東北以北の私大で初の臨床検査技師養成校。

臨床検査学の知識や技術だけではなく、チーム医療、多職種連携を学ぶ科目を多数開講しています。保健・医療・福祉を幅広く学ぶ、医療系総合大学ならではのカリキュラム。医療人としての人間性や、コミュニケーション能力の育成も重視しています。北海道・東北の4年制私立大学で初となる臨床検査技師養成校として、これからの医療をリードする人材を養成します。

学びの舞台は、札幌あいの里キャンパス。チーム医療、地域医療を実践する北海道医療大学病院、地域包括ケアセンターが隣接しています。

高精度な機器の導入など、大学ならではの学習環境。

高度な専門性、最新の知識と技術を身につけるために学習環境を整備。臨床検査の現場で実際に使用されている高精度の超音波画像診断装置、自動分析機器、臨床検査へ取り入れられつつある質量分析機、バーチャルスライドシステムなどを導入しています。さらに、ゲノム医療やオーダーメイド医療など、先進医療への対応も視野に入れた高度な施設・設備です。

広い視野と考察力が身につく卒業研究も、大学ならでは。

医療系総合大学で、チーム医療を学ぶ。

医療系総合大学であるメリットを生かし、学部学科の違う仲間と合同でグループワークやディスカッションを行う機会を設けています。また、それぞれの医療分野を専門とする他学部学科の教授陣から、チーム医療に必要な知識と技術を学ぶオムニバス形式の授業もあります。チーム医療の一員として活躍し、これからの現場をリードする、視野の広い臨床検査技師を養成します。

学部学科の違う仲間とのグループワークを実施。

全道各地の医療機関で行う、体系的な臨床実習。

高度な実践力を育てる臨床実習は、札幌市内の総合病院を中心に、道内各地の実習施設で行われます。また、附属病院があることも本学ならではのメリット。臨床検査技師の実際の現場を、見学や実習に活用します。さらに、医・歯・薬学部で実施されるOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)を取り入れた演習も導入するなど、体系的な実習教育を行います。


活躍の場を広げるために、多様な資格に対応。

臨床検査技師の国家試験受験資格に加えて、食品関連の資格や受験資格の取得も可能です。保健・医療・福祉を幅広く学び、多彩な分野で活躍できる臨床検査技師をめざします。卒業後は、医療機関はもちろん、製薬・試薬メーカー、治験分野、食品業界などへの就職、さらには大学院へ進学して教育・研究者をめざすなど多様な可能性が広がっています。

これからの医療をリードする、高度な人材を養成。