大学概要
  1. HOME
  2. 大学概要
  3. 教育理念・目的・目標・行動指針

建学の理念

知育・徳育・体育 三位一体による医療人としての全人格の完成

本学の教育理念

本学の建学の理念「知育・徳育・体育 三位一体による医療人としての全人格の完成」に基づき、教育理念を以下のように定める。
生命の尊重と個人の尊厳を基本として、保健と医療と福祉の連携・統合をめざす創造的な教育を推進し、確かな知識・技術と幅広く深い教養を身につけた人間性豊かな専門職業人を養成することによって、地域社会ならびに国際社会に貢献することを北海道医療大学の教育理念とする。

本学の教育目的

北海道医療大学の教育理念に沿って、幅広く深い教養に基づく豊かな人間性と高度で正確な専門知識・技術を有し、保健・医療・福祉を中心とする多様な分野と連携・協調して行動し、地域社会や国際社会で活躍できる専門職業人の養成を本学の教育目的とする。

本学の教育目標

北海道医療大学の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 幅広く深い教養と豊かな人間性の涵養
  2. 確かな専門の知識および技術の修得
  3. 自主性・創造性および協調性の確立
  4. 地域社会ならびに国際社会への貢献

本学の行動指針

― 21世紀の新しい健康科学の構築 ―

本学に対する社会の要請と期待に応えるため、社会と共生・協働する自由で開かれた大学を志向し、常に組織 としての自律性・透明性を高めながら、構成員一人ひとりが自主性・創造性を発揮することにより「学生中心の教育」並びに「患者中心の医療」を推進しつつ、 「21世紀の新しい健康科学の構築」を追究することを、本学の行動指針とする。


なお、北海道医療大学の教育理念・教育目的・教育目標に沿って、各学部学科の教育理念・教育目的・教育目標が定められています。


| 薬学部 | 歯学部 | 看護福祉学部 | 心理科学部 | リハビリテーション科学部 | 医療技術学部 |
| 大学院の教育理念・教育目的・教育目標 |
| 薬学研究科 | 歯学研究科 | 看護福祉学研究科 | 心理科学研究科| リハビリテーション科学研究科 |


薬学部薬学科

教育理念

本学の教育理念を基本として、薬と医療にかかわる総合的な科学技術教育を推進することにより、人々の健康を守り、地域社会ならびに人類の幸福に貢献することを薬学部薬学科の教育理念とする。

教育目的

薬学部薬学科の教育理念に沿って、薬剤師としての社会的使命を正しく遂行し得るために必要な豊かな人間性、薬と医療にかかわる科学的知識、研究・実習を通じて体得した技能と問題解決能力を有する人材の養成を本学科の教育目的とする。

教育目標

薬学部薬学科の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 薬と医療に関する基礎および応用の科学ならびに技術の修得
  2. 生命を尊重し、幅広く深い教養と豊かな人間性の涵養
  3. 薬剤師としての技能と問題解決能力の修得
  4. 自主性、協調性および創造性の涵養
  5. 地域社会ならびに国際社会で活躍できる能力の涵養

TOPに戻る

歯学部歯学科

教育理念

本学の教育理念を基本として、歯科保健、歯科医療と福祉の連携・統合をはかる教育を推進し、人々のライフステージに応じた口腔の健康を守る医療人の養成をもって、地域社会ならびに国際社会に貢献し人類の幸福に寄与することを歯学部歯学科の教育理念とする。

教育目的

歯学部歯学科の教育理念に沿って、豊かな人間性と職業倫理を備え、人々の健康の維持・増進に寄与するとともに、地域的および国際的視野から歯科医学の発展および歯科医療の向上に貢献できる歯科医師の養成を本学科の教育目的とする。

教育目標

歯学部歯学科の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 人々のライフステージにおける口腔疾患の予防、診断および治療について基本的な医学、歯科医学、福祉の知識および歯科保健と歯科医療技術の修得
  2. 歯科医師としての心構えと倫理観の涵養
  3. 生涯にわたる研修の継続と自己開発能力・習慣の確立
  4. チーム医療(保健と医療と福祉)における協調力と建設的な行動力の涵養
  5. 地域的および国際的な視野の涵養

TOPに戻る

看護福祉学部看護学科

教育理念

本学の教育理念を基本として、看護と福祉の連携・統合をめざす創造的な教育を推進し、総合的なヒューマンケアを担う看護専門職業人を養成することにより、地域社会や人々の健康の向上に貢献することを看護福祉学部看護学科の教育理念とする。

教育目的

看護福祉学部看護学科の教育理念に沿って、人々の健康と福祉の向上のために、看護と福祉を総合的に俯瞰した専門的知識・技術を修得し、人々の尊厳を守り、維持するための総合的ヒューマンケアを実践できる看護師や保健師など看護専門職業人の養成を本学科の教育目的とする。

教育目標

看護福祉学部看護学科の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. ヒューマンケアに関する深い教養および豊かな人間性の涵養
  2. ヒューマンケアを基本とした看護専門職に必要な知識・技術の修得
  3. 看護専門領域における自律的・創造的な実践力の涵養
  4. ヒューマンサービスに関連する領域の人々と連携できる協調性の確立
  5. 地域社会や人々の多様性を理解する能力の涵養

TOPに戻る

看護福祉学部臨床福祉学科

教育理念

本学の教育理念を基本として、看護と福祉の連携・統合をめざす創造的な教育を推進し、総合的なヒューマンケアを担う福祉専門職業人を養成することにより、地域社会や人々の福祉の向上に貢献することを看護福祉学部臨床福祉学科の教育理念とする。

教育目的

看護福祉学部臨床福祉学科の教育理念に沿って、人々の健康と福祉の向上のために、看護と福祉を総合的に俯瞰した専門的知識・技術を修得し、人々の尊厳を守り、維持するための総合的ヒューマンケアの観点から社会福祉士や精神保健福祉士など臨床現場をはじめ、保健・福祉・行政などの場でリーダーとして活躍できる専門職業人の養成を本学科の教育目的とする。

教育目標

看護福祉学部臨床福祉学科の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. ヒューマンケアに関する深い教養および豊かな人間性の涵養
  2. ヒューマンケアを基本とした福祉専門職に必要な知識・技術の修得
  3. 福祉専門領域における自律的・創造的な実践力の涵養
  4. ヒューマンサービスに関連する領域の人々と連携できる協調性の確立
  5. 地域社会や人々の多様性を理解する能力の涵養

TOPに戻る

心理科学部臨床心理学科

教育理念

本学の教育理念を基本として、現代科学技術の成果を認識し、心にかかわる自然科学と人文社会科学の連携による健康科学教育を推進する。生命の価値に対する倫理観を涵養し、心の障害、コミュニケーション障害を真摯に受け止めることが出来る知性と感性を備えた人材を養成することにより、人類の幸福に貢献することを心理科学部臨床心理学科の教育理念とする。

教育目的

心理科学部臨床心理学科の教育理念に沿って、心にかかわる自然科学と人文社会科学が連携した教育を通して、生命の価値に対する真摯な倫理観を涵養し、心の障害、コミュニケーション障害を一生の出来事として受け止めることが出来る知性と感性を備えた公認心理師や産業カウンセラー、スクールカウンセラー等の心理学に関する専門的知識を修得した人材の養成を本学科の教育目的とする。

教育目標

心理科学部臨床心理学科の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 心の障害、コミュニケーション障害に対処する心理専門職としての知識・技術の修得
  2. 社会の変化、科学技術の進展に合わせて専門性を検証し、自己研鑽できる能力の育成
  3. 予防的、治療的、予後的次元から様々な障害を見通せる能力の涵養
  4. 生命の尊厳に対する専門性のかかわりを常に意識できる感性の育成
  5. 地域的・国際的に貢献しうる学識と行動力の涵養

TOPに戻る

リハビリテーション科学部理学療法学科

教育理念

本学の教育理念を基本として、最先端の科学的知識を有するリハビリテーション専門職の養成を図る教育を推進する。科学的専門知識の開発および教授に留まらず、保健・医療・福祉の連携と統合を意識した包括的な視点を有する専門職業人としての理学療法士を養成することにより、人々の健康、地域社会ならびに人類の幸福に貢献することをリハビリテーション科学部理学療法学科の教育理念とする。

教育目的

リハビリテーション科学部理学療法学科の教育理念に沿って、豊かな人間性と確固たる職業倫理観を身につけ、人々の健康と保健・福祉の向上に寄与するとともに、人々が暮らす生活に根差した地域的および国際的視野から医療の向上に貢献できるリハビリテーションのコアスタッフとしての理学療法士の養成を本学科の教育目的とする。

教育目標

リハビリテーション科学部理学療法学科の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 理学療法士に求められる幅広い教養、豊かな感性、高い倫理観とコミュニケーション能力の養成
  2. 科学的根拠に基づく理学療法科学の専門知識と技術の修得
  3. 保健・医療・福祉分野における多職種連携の理解と、理学療法士として主体的に専門技術を提供できる能力の涵養
  4. 社会の変化や科学技術の進展に合わせた持続する自己研鑽力の確立
  5. 地域社会ならびに国際社会で活躍できる能力の涵養

TOPに戻る

リハビリテーション科学部作業療法学科

教育理念

本学の教育理念を基本として、最先端の科学的知識を有するリハビリテーション専門職の養成を図る教育を推進する。科学的専門知識の開発および教授に留まらず、保健・医療・福祉の連携と統合を意識した包括的な視点を有する専門職業人としての作業療法士を養成することにより、人々の健康、地域社会ならびに人類の幸福に貢献することをリハビリテーション科学部作業療法学科の教育理念とする。

教育目的

リハビリテーション科学部作業療法学科の教育理念に沿って、豊かな人間性と確固たる職業倫理観を身につけ、人々の健康と保健・福祉の向上に寄与するとともに、人々が暮らす生活に根差した地域的および国際的視野から医療の向上に貢献できるリハビリテーションのコアスタッフとしての作業療法士の養成を本学科の教育目的とする。

教育目標

リハビリテーション科学部作業療法学科の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 作業療法士に求められる幅広い教養、豊かな感性、高い倫理観とコミュニケーション能力の養成
  2. 科学的根拠に基づく作業療法科学の専門知識と技術の修得
  3. 保健・医療・福祉分野における多職種連携の理解と、作業療法士として主体的に専門技術を提供できる能力の涵養
  4. 社会の変化や科学技術の進展に合わせた持続する自己研鑽力の確立
  5. 地域社会ならびに国際社会で活躍できる能力の涵養

TOPに戻る

リハビリテーション科学部言語聴覚療法学科

教育理念

本学の教育理念を基本として、最先端の科学的知識を有するリハビリテーション専門職の養成を図る教育を推進する。科学的専門知識の開発および教授に留まらず、保健・医療・福祉の連携と統合を意識した包括的な視点を有する専門職業人としての言語聴覚士を養成することにより、人々の健康、地域社会ならびに人類の幸福に貢献することをリハビリテーション科学部言語聴覚療法学科の教育理念とする。

教育目的

リハビリテーション科学部言語聴覚療法学科の教育理念に沿って、豊かな人間性と確固たる職業倫理観を身につけ、人々の健康と保健・福祉に寄与するとともに、人々が暮らす生活に根差した地域的および国際的視野から医療の向上に貢献できるリハビリテーションのコアスタッフとしての言語聴覚士の養成を本学科の教育目的とする。

教育目標

リハビリテーション科学部言語聴覚療法学科の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 言語聴覚士に求められる幅広い教養、豊かな感性、高い倫理観とコミュニケーション能力の養成
  2. 科学的根拠に基づく言語聴覚療法科学の専門知識と技術の修得
  3. 保健・医療・福祉分野における多職種連携の理解と、言語聴覚士として主体的に専門技術を提供できる能力の涵養
  4. 社会の変化や科学技術の進展に合わせた持続する自己研鑽力の確立
  5. 地域社会ならびに国際社会で活躍できる能力の涵養

TOPに戻る

医療技術学部臨床検査学科

教育理念

本学の教育理念を基本として、最先端の科学的知識を基盤とした臨床検査の専門職の養成を図る教育を推進する。科学的専門知識と技術の開発・教授に留まらず、「考える力」を駆使する課題解決能力に秀でた人材の養成と、また、保健・医療・福祉の連携・統合を意識し、広い視野を備えた専門職業人の養成により、地域・国際社会ならびに人類の健康と幸福に貢献することを医療技術学部臨床検査学科の教育理念とする。

教育目的

医療技術学部臨床検査学科の教育理念に沿って、最先端の科学的知識を基盤とする専門知識と技術に裏打ちされた課題解決能力を身につけ、確固たる倫理観と専門性に基づいて保健・医療・福祉の分野で社会に貢献できる専門職業人としての臨床検査技師の養成を本学科の教育目的とする。

教育目標

医療技術学部臨床検査学科の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 医療人としての豊かな人間性と高い倫理観の涵養
  2. 高い専門知識と技術の修得
  3. 生涯にわたり自ら研鑽し向上する意欲の涵養
  4. チーム医療の一員として協調性を持って職責を果たす能力の修得
  5. 問題提起と解決能力の涵養

TOPに戻る

大学院の教育理念

建学の理念を基本として、大学院の教育理念を以下のように定める。
生命の尊重と個人の尊厳を基本として、保健と医療と福祉の連携・統合を図る教育を推進し、人間性豊かな高度専門職業人の養成ならびに独創的な研究活動を通して、社会の発展と人類の幸福に寄与することを北海道医療大学大学院の教育理念とする。

大学院の教育目的

北海道医療大学大学院の教育理念に沿って、高度な専門知識・技術の修得に加え、保健・医療・福祉分野の横断的な知識および豊かな人間性を有した高度専門職業人の養成と最先端の研究活動を通じて、社会の発展、人類の幸福に寄与できる教育・研究者の養成を本大学院の教育目的とする。

大学院の教育目標

北海道医療大学大学院の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 豊かな学識と人格の養成
  2. 高度な専門知識および学術の修得
  3. 独創的な研究および研究能力の開発
  4. 社会の要請に的確に対応できる教育・研究の推進

TOPに戻る

薬学研究科生命薬科学専攻(修士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、生命の尊重と個人の尊厳の保持を旨とし、保健と医療と福祉の連携・統合を図る教育を推進し、高度な専門性を有する薬科学研究者の養成により、医療社会の発展と人類の幸福に寄与することを薬学研究科生命薬科学専攻(修士課程)の教育理念とする。

教育目的

薬学研究科生命薬科学専攻(修士課程)の教育理念に沿って、保健と医療と福祉の連携・統合を図る教育を推進し、医薬品の専門家としての確かな知識・技術を駆使し、先駆的かつ指導的役割を果たすことが出来る高度な薬科学研究者の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

薬学研究科生命薬科学専攻(修士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 豊かな学識と人格の養成
  2. 高度な専門知識および学術の修得
  3. 高度な問題解決能力の涵養

TOPに戻る

薬学研究科薬学専攻(博士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、生命の尊重と個人の尊厳の保持を旨とし、保健と医療と福祉の連携・統合を図る教育・研究を推進し、社会の要請に対応した研究や独創的な研究活動を通して、社会の発展と人類の幸福に寄与することを薬学研究科薬学専攻(博士課程)の教育理念とする。

教育目的

薬学研究科薬学専攻(博士課程)の教育理念に沿って、保健と医療と福祉の連携・統合を図る教育・研究を推進し、研究活動を通して、人間性豊かで確かな倫理観を有する薬学研究者や教育指導者の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

薬学研究科薬学専攻(博士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 豊かな学識と人格の養成
  2. 独創的な研究および研究能力の養成
  3. 社会の要請に的確に対応できる教育・研究能力の修得

TOPに戻る

歯学研究科歯学専攻(博士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、高度化する学術研究の発展に貢献し得る独創的な研究能力、高度な学識、豊かな人間性を備えた人材を養成し、歯科医学の先駆的な学術研究の推進を通じて人類の幸福に貢献することを歯学研究科歯学専攻(博士課程)の教育理念とする。

教育目的

 歯学研究科歯学専攻(博士課程)の教育理念に沿って、高度な研究能力、歯科医療技術、深い学識、豊かな人間性を備えた歯学研究者あるいは専門医の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

歯学研究科歯学専攻(博士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 深い学識と人格の養成
  2. 高度な専門知識と技術の修得
  3. 独創的で高度な研究能力の修得
  4. さまざまな社会ニーズに対応できる資質・能力の修得

TOPに戻る

看護福祉学研究科看護学専攻(修士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、看護と福祉の連携・統合をめざす創造的な教育を推進し、看護の高度専門職業人を養成することにより、社会の発展ならびに人々の健康の向上に貢献することを看護福祉学研究科看護学専攻(修士課程)の教育理念とする。

教育目的

看護福祉学研究科看護学専攻(修士課程)の教育理念に沿って、人々の健康と福祉の向上のために、高度専門職業人として看護領域の実践に寄与する人材、ならびに研究者としての基礎的能力を備えた人材の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

看護福祉学研究科看護学専攻(修士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 深い学識および豊かな人間性の涵養
  2. 看護における高度な専門知識および学術の修得
  3. 看護の質向上に寄与する自律的・創造的実践力の養成
  4. 社会の要請に対応できる教育・研究の推進

TOPに戻る

看護福祉学研究科看護学専攻(博士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、看護と福祉の連携・統合をめざす創造的な教育を推進し、自立した研究者として看護学の固有性を追求し、開拓的な研究活動ができる人材を養成することにより、社会の発展ならびに人々の健康の向上に貢献することを看護福祉学研究科看護学専攻(博士課程)の教育理念とする。

教育目的

看護福祉学研究科看護学専攻(博士課程)の教育理念に沿って、高度な学識および独創的な研究力を有し、保健・医療・福祉分野において高度な実践を提供し指導的役割を担うことができる人材の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

看護福祉学研究科看護学専攻(博士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 深い学識および豊かな人間性の涵養
  2. 看護における高度な専門知識および学術の修得
  3. 看護における開拓的な研究の推進
  4. 保健・医療・福祉の分野において社会の要請に対応できる研究開発の推進

TOPに戻る

看護福祉学研究科臨床福祉学専攻(修士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、看護と福祉の連携・統合をめざす創造的な教育を推進し、福祉の高度専門職業人を養成することにより、社会の発展ならびに人々の福祉の向上に貢献することを看護福祉学研究科臨床福祉学専攻(修士課程)の教育理念とする。

教育目的

看護福祉学研究科臨床福祉学専攻(修士課程)の教育理念に沿って、人々の健康と福祉の向上のために、高度専門職業人として福祉領域の実践に寄与する人材、ならびに研究者としての基礎的能力を備えた人材の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

看護福祉学研究科臨床福祉学専攻(修士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 深い学識および豊かな人間性の涵養
  2. 福祉における高度な専門知識および学術の修得
  3. 福祉の質向上に寄与する自律的・創造的実践力の養成
  4. 社会の要請に対応できる教育・研究の推進

TOPに戻る

看護福祉学研究科臨床福祉学専攻(博士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、看護と福祉の連携・統合をめざす創造的な教育を推進し、自立した研究者として臨床福祉学の固有性を追求し、開拓的な研究活動ができる人材を養成することにより、社会の発展ならびに人々の福祉の向上に貢献することを看護福祉学研究科臨床福祉学専攻(博士課程)の教育理念とする。

教育目的

看護福祉学研究科臨床福祉学専攻(博士課程)の教育理念に沿って、高度な学識および独創的な研究力を有し、保健・医療・福祉分野において高度な実践を提供し指導的役割を担うことができる人材の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

看護福祉学研究科臨床福祉学専攻(博士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 深い学識および豊かな人間性の涵養
  2. 福祉における高度な専門知識および学術の修得
  3. 福祉における開拓的な研究の推進
  4. 保健・医療・福祉分野において社会の要請に対応できる研究開発の推進

TOPに戻る

心理科学研究科臨床心理学専攻(修士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、心理科学の応用領域におけるより高度かつ実践的な専門的知識・技術力、および関連領域の科学技術の発展に対する知識を持ち、Scientist and Practitionerの立場から地域的・国際的に貢献しうる高度専門職業人の養成を目指し、もって人類の心の健康および心の教育研究の発展に寄与することを心理科学研究科臨床心理学専攻(修士課程)の教育理念とする。

教育目的

心理科学研究科臨床心理学専攻(修士課程)の教育理念に沿って、高度かつ実践的な専門的知識・技術力、および関連領域の科学技術の発展に対する知識を持ち、Scientist and Practitionerの立場から地域的・国際的に貢献しうる高度専門職業人の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

心理科学研究科臨床心理学専攻(修士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 深い学識と豊かな人間性の涵養
  2. 公認心理師としての高度な専門知識および学術の修得
  3. 臨床心理学領域における研究能力と問題解決能力の涵養
  4. 高度専門職業人としての臨床心理領域における社会的要請への対応力の涵養

TOPに戻る

心理科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、修士課程で得た心理科学に関する応用領域の専門性をScientist and Practitionerとしての立場からより精緻に教育研究し、さらに心理科学の立場から心の研究の後継者となりうる人材を養成し、もって人類の心の健康と心の教育研究により高度に寄与することを心理科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)の教育理念とする。

教育目的

心理科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)の教育理念に沿って、心理科学に関する応用領域の専門性をScientist and Practitionerとしての立場からより精緻に教育研究し、更に心理科学の立場から心の研究の後継者となりうる人材の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

心理科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 深い学識と豊かな人間性の涵養
  2. 臨床心理学領域における高度な専門知識および学術の修得
  3. 臨床心理学の研究者・教育者としての高度な研究能力の涵養

TOPに戻る

リハビリテーション科学研究科
リハビリテーション科学専攻(修士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、高度化、多様化が進む現代の保健・医療・福祉分野において、先進的な専門知識と技術を身につけ、質の高いリハビリテーションを実践できる人材を養成することにより、人々の保健・医療・福祉の要請に応え、地域社会ならびに人類の幸福に貢献することをリハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(修士課程)の教育理念とする。

教育目的

リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(修士課程)の教育理念に沿って、人々の健康と保健・福祉の向上にむけて、高度専門職業人としてリハビリテーション領域において実践的に寄与する人材の養成ならびにリハビリテーション医学・医療の研究・発展に貢献できる人材の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(修士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 先進的な専門知識および技術を備え、質の高いリハビリテーションを展開できる人材の養成
  2. 保健・医療・福祉の現場で、優れた管理・指導能力を持って指導的役割を担うことのできる人材の養成
  3. 科学的および学際的視点から臨床的課題を解決することのできる人材の養成

TOPに戻る

リハビリテーション科学研究科
リハビリテーション科学専攻(博士課程)

教育理念

本大学院の教育理念を基本として、修士課程で修得したリハビリテーション科学に関する能力を基盤として、保健・医療・福祉分野における高度な学識と新たな真理を探究することのできる優れた研究能力を有する人材の養成と、リハビリテーション医療に対するすべての人々の要請に応え、保健・医療・福祉分野において科学的根拠に基づく専門能力を地域社会に適用し、指導的立場で活躍できる有能な教育者および実践指導者の養成を通して、社会の発展と人類の幸福に貢献することをリハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(博士課程)の教育理念とする。

教育目的

リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(博士課程)の教育理念に沿って、高度な研究能力、深い学識、豊かな人間性、および保健・医療・福祉分野において高度な実践能力を備えた指導的役割を担うことができる人材の養成を本専攻の教育目的とする。

教育目標

リハビリテーション科学研究科リハビリテーション科学専攻(博士課程)の教育理念・教育目的に基づいて、以下の教育目標を定める。

  1. 高度な学識と研究能力を備え、質の高いリハビリテーション科学の探究と確立に寄与できる人材の養成
  2. 保健・医療・福祉の分野において、科学的根拠に基づく専門能力を地域社会に適用し、指導的立場で活躍できる有能な教育者および実践指導者の養成

TOPに戻る

北海道医療大学 三方針はこちらから